本文へスキップ

自分サイズの起業を応援! ジョイライフは50代40代女性の自分サイズ起業(小さな起業)を応援します。

TEL.072-655-2101

〒569-1046 大阪府高槻市

ホームページビルダー20SPのサーチコンソール登録方法

質問でSPはSEO対策弱いと言われたこと

おそらくSPでもクラッシックでもSEOには最初は弱いです
その上SPはアナリティクス設定はできるものの、グーグルサーチコンソールの登録はどう?

そこで一度ビルダーの人に質問してみたら、サーチコンソール登録したりSEO対策するのならクラッシックと言われました
SPはXTMLが触れないのでサーチコンソールのタグが貼れないし、所有権の確認ができないし、サイトマップの作成機能も無い…

でもクラッシックをアップロードする際、FTPサーバーにHTML保存するのだからそこに書き込めばいいのでは?とひそかに思っていました

サイトマップは他に作成ツールがあるのだし…
そしてSPでホームページを作りやってみました

結果出来たので、その忘備録として記録しておきます
ただ、これが正しいのかは分かりません

スポンサーリンク


サーチコンソール登録するのに必要な所有権の確認

サーチコンソール>プロパティを追加>新しいURLを追加
そうすると所有権を確認しなければならない

他の方法>メタタグを選ぶと<meta name・・・・>が表示されるのでこれをコピーし、FTPファイルの方にペーストします

ロリポップの場合
WEBツール>ロリポップFTP>〇〇〇〇(サイトのファイル名)
この中のindexファイルの中の<head>〜〜〜</head>内にペーストして保存

そしてサーチコンソールの方に戻って所有権の確認をします
所有権が確認されました


サイトマップの作成

サイトマップは作成できるサイトがいくつかあるのでそこで作成します
そして出来たxmlファイルを保存!

またFTPの方のサイトのファイルの方に戻り
サイトのファイル内にこの『sitemap.xml』ファイルをアップロード

それからサーチコンソールに戻りクロール>サイトマップ>サイトマップの追加/テスト
ここにsitemap.xmlと入れて送信するも1回目エラー

何やらrobox.txtにアクセスできません…??

調べると、メモ帳でまず

User-Agent : *
Sitemap : http://〇〇〇〇〇〇/sitemap.xml(←〇〇部分は登録するサイト)

と書いてrobots.txtというタイトルで保存
これをFTPにアップロード

そして再度サイトマップ送信すると今度は出来ました
ちゃんと送信されました

スポンサーリンク


ホームページビルダーSPとクラッシック使い分け

SPは5,6ページの簡易サイトに向くのかもしれません
少し修正しただけでも前頁転送するので時間がかかります
ブログ機能があって気軽に更新しよう!と言う割には何故さくっと転送できるようにしていない?という感じです

ページが多数になるのなら、クラッシックで作る方が良いかと思います
サイトマップだって自動更新ではないですし…

SPはパーツをあちこち動かせる点では使いやすいとは思います
Jimdoみたいなとこがある(でもJimdoの方がはるかに使いやすい)

SPの細かい設定部分もすごく分かりにくいです
また前頁の文字の設定など、できそうでできない部分もあります
基本のパーツをコピー用のページを作って保存しておき、ページを増やすたびにそれをコピーして使う方法で対応しました

正しい使い方ではないかもしれません
面倒な部分もあるけれど使いやすい部分もあるというのが率直な感想です

また段落の改行はクラッシックはシフトキーなのにSPはコントロールキー
こういう点からみても互換性が無いのは、もともとの作り方が全く違うのかもしれません

この二つは全く別物なのだと思いました

さて新しいサイトができたら旧サイトにリダイレクト設定をします
これでサイトお引越しが完了しました

>>http://ange.jlkikaku.com/