本文へスキップ

自分サイズの起業を応援! ジョイライフは50代40代女性の自分サイズ起業(小さな起業)を応援します。

TEL.072-655-2101

〒569-1046 大阪府高槻市

ネットでもリアルでも必要な集客や営業

自分のスタイルに合った集客方法・営業方法を選び、結果が出るまで続けましょう。
私は売り込みが苦手で、リアルに会う方に自分から営業しません。 
SNSで投稿やコメントをしまくるのも程度を超えると格好悪いと思っています。
ショップサイトやHPには検索で来ましたという方が一番多いです。
あとは紹介とブログを見て…です。
自分スタイルでとにかくやってみること、そして自分に合う方法を掴みとってください。

  • そもそもWEB屋さんが営業してくるわけ
  • 思いつく出来る限りのことを並べてみる
  • 一貫して伝えたい事・伝えなければならない事とは


スポンサーリンク

そもそもWEB屋さんが営業してくるわけ

ネットショップを開設したら途端に営業の電話が次々かかってきます。
WEB屋さんがしつこいくらい営業するということは、裏を返せば彼らだってホームページだけでは売れないということです。

ホームページだけでは売れないから、無料セミナーをやったり、営業電話をかけたり、イベントを開催したりする…
あちらから接点を持つための行動を起こしているわけです。
だから私たちもサイトを作ったら、それを知ってもらう作業をしなければなりません。

もう一度言います。
ホームページは作っただけでは売れません!

世の中の大企業も宣伝広告費にいくらお金を使っているでしょう…
WEB屋さんの営業トークを頭ごなしに信じない方がいいでしょう…
いい事ばかり言うお店は信用しない方がいいのです。

作っただけでは売れないからそのための戦略を考える…
そこまで正直な話をして、相談に乗ってくれるお店ならまだ信用できるかもしれません。

『商品』を広めるための戦略と、自分が出来る事とを組み合わせて考えなければなりません。
自分に何がベストなのか、何が出来るのかを探しましょう。


思いつく限りの出来ることを並べてみる

さて商品を紹介するツール(HP・ショップ・またはフライヤーや名刺・看板等)が出来たら次はそれを広める方法です。
リアルに知ってもらう方法とネットで知ってもらう方法を思いつく限り並べてみましょう。
その中から自分ができることから取り掛かりましょう。

・近所へのポスティング
・近隣のお店での店頭にフライヤー設置
・イベントやフェスタに出て、交流会などに出て名刺やフライヤー配布
・人づての紹介(こんなこと始めたと言ってみる)
・看板設置
・飛び込み営業(WEB屋さんがする営業電話と同じですね)

パソコンに強いなら、それを駆使して出来る限りのことをすればいいでしょう。
もし弱いなら、せめてスマホかタブレットが扱えるくらいにはなりましょう。
それほど難しいことができなくてもいいので…
今の世の中、人々は必要な情報・解決したい問題・欲しい商品は皆検索して探します。
検索される側もただサイトを作るのではなく、せめてそれを紹介する無料ブログや無料SNSを使いたいものです。
お金があるなら広告費を払って広告を出すのもいいかと思います。

・無料ブログ
・無料SNS(ツイッター・フェイスブック・インスタグラムなど)
・動画(YouTubeなど) >>動画を使わない手は無い (記事未完成)

さらに、少しハードルが高くなるかもしれませんが…

・ネットショップに出店する
・有料広告(WEB・新聞・チラシ他)
・フリーペーパー(無料枠・有料枠)
・体験会やセミナーの開催
・イベントの開催
・交流会の開催
・カルチャーセンターに講師として入る
・プレスリリース
・地元のケーブルTVやラジオに情報を寄せる

他にもたくさんあると思います。
私は上記に挙げた有料広告以外は全て利用したことがあります。
それぞれに利用したケースが異なるのですが…それほど難しいことではありません。
自分に出来る、出来る限りのことをやってみること。
そしてそのどれが上手く行くかはやってみなければ分かりません。
成功ポイントは自分で掴んで初めて自分のモノとなります。

もちろんやみくもにやっても時間が無駄なので、最初に消去法で選んでおくことも大切です。
お客様がシニアであれば手紙やハガキなど、リアルにつながる方法を考える方がいいでしょう。
お客様がママであるなら新聞広告よりWEBでつながる方がいいでしょう。

『商品』と『お客様』と『自分が出来る事』…
その組み合わせで考えられる出来る事を片っ端からやってみて下さい。


スポンサーリンク


一貫して伝えたい事・伝えなければならない事とは

どんなツールを使って伝えるとしても、そこには一貫性がなければなりません。
それがコンセプトですよね。
『商品』紹介だけでなく、その良さを伝えなければなりません。
その方法はネットなどにも載っていますので勉強してください。
テレビショッピングなどはとても参考になると言われています。

商品紹介だけではメニュー表と同じです。
そうではなくてこの一品をなぜあなたにお勧めするのか…
どういうあなたならこれを利用するメリットがあるのか…
それはどんなメリットなのか…
それはどのようにすれば端的に相手に伝わるのか…等々。
これを語るとまた長くなるのでまた別のページで触れることにします。

とにかく商品を紹介するツール(WEBサイト・フライヤー・名刺など)が出来たら、それを知ってもらう仕掛けをする。ここまで頑張ってみてください。

本当はその前にもう一つ大切なことがあります。
これもまた長くなるので別のページで説明します。

>>伝えることの重要性(ただのメニュー表では伝わらない)
>>集客の前に大切な事(お仕事を長く続けていくために)